Naomi Angel's Spiritual Diary

スピリチュアル・アーティスト Naomi Angel の裏ブログ・Spiritual Diary - 宇宙・天使・ドラゴン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ← “人気ブログランキング”のクリックお願いいたします♪
 あなたの毎日がキラキラ輝いていますように♪
 いつもありがとうございます♪


スポンサー広告 |

へんてこりんな夢 & 恋のミラクル

昨日、とっても不思議な夢を見た・・・

なんとなく、魔界に入り込んだかのような・・・
(でも目が覚めたときにエネルギー的に疲れてはいなかったので、エネルギーの悪いところにいったわけではなさそう・・。)

たくさん場面が出てきたのだけど、
覚えているところから書いてみると・・・

最初から最後まで、あたりがじめじめと暗い感じ。

どこかストリートで車が止まっていて、周りは建物がなくて、荒地が広がっていたような・・
その車は後ろがとても広くて、人が寝転がれるくらいの広さ。
その車の中で、なぜか、私はラテン系の体格のいい男性と一緒にいて、彼は、髪の毛の色がゴールドに近いブラウンで、肌は日焼けして小麦色で・・ 上半身が裸で(笑)、黒っぽいジーンズ履いていたかな。 マッチョなイケメンでしたが、ゴリマッチョでも細マッチョでもなく、映画「トロイ」のブラピ(Brad Pitt)くらいの健康的なマッチョ。(←まさに体型は好み・・笑) 顔は誰に似てるだろう・・うーん・・
性格は情熱的なタイプかなぁ・・?
でも、会ったこともない人です。
その彼と私は、夢の中で恋仲になり、車の中でいちゃいちゃしていて・・笑、ふと、床がもぞもぞして、カーペットの下に、悲痛な顔のおじさんが寝転がっていたことがわかる。
この人は眉毛が濃く、黒い髪で、ちょっとぽっちゃりしている、ヨーロッパ系の人だった。 わ~びっくり・・。
この人は恋愛トラウマがあるらしく、すご~く迷惑そうな困った顔をしていた・・ (いや、トラウマなくたってかなり迷惑ですよね・・すみません^^;)
それで、なぜか場面は古い建物のある部屋になっていて、でも天井は高い。 なんとなく、中世の古ぼけた教会の裏の部屋、というかんじ。

そこで、先ほどのラテン系の青年のほかに、4~5人(誰だか認識できなかった)いて、部屋の中には、何かの実験のあとのようなガラクタがあちこちに散在していて、あれこれ探索というかいじりまわっていた。 つまり、彼らもここを初めて訪れたようだ。 中央の分厚い擦り切れた古い木製のテーブルの上に、直径50cmほどのスリガラスの大きな器が置かれていて、その器には水が張っていて、中に誰かが黒いインクを垂らした。 すると、インクは水の中で広がりだし、魔法がかかり始めたのがわかった。 先に、私の頭でこの先起こりうるビジョンが走り、いけない、この魔法は発動させてはダメよ!とみんなに言い、急いで、両手をかざして、その力が動き始めるのを、自分の手から見えない力を出してとめようとした。 発動しかかる黒い「もや」が小さくなり、それと同時に水も白く発光し始める・・白く発光するのは私のパワーだとなんとなくわかった。 黒いもやが大きくなったり小さくなったり・・・ そこにいた他の人も加勢して、手をかざし始めた。 黒いインクがそのうちに形が変形して・・中から人影が見えてくる・・

たぶん、引き止められなかったんだろう。
次の場面は、その部屋のある壁一面が、古い礼拝堂のようなホールに切り替わり、その礼拝堂のようなホールとこちらの実験部屋との間に厚さ5cmほどの透明な膜が張られていた。 あちら側は別次元なのだろう。
だけど、依然として見えるビジョンは光が弱く、暗かった。

透明な膜の向こう側(礼拝堂のようなホール側)の人たちは黒いフード付きのマントをかぶっていた。

「さあ、こちらに来て、○○を証明しなさい」と言われる。

私たち側(実験部屋のほう)のリーダーのような1人が、「Rick、おまえと**(私を呼ぶ名前)で行け」と指示する。

最初の場面でいちゃいちゃしていたラテン系の青年はRickという名前らしかった。
彼が私を抱き寄せ、実験室のほうで、くっついてスローダンスを踊り始める。

リーダーが「違う、向こう側へ行くんだ」と言う。

そして、私とRickは何が起こるのやらわからない異次元のホールへ、恐る恐る、透明な膜を超えて足を踏み入れる。

その黒マントの集団に囲まれながら、白と黒のチェス盤のような大理石の床でRickと私は中央に立った。
二人は恐る恐る周りを気にしながら、抱き合うようにしてくっついた・・。
その礼拝堂のようなホールはそこだけが他と比べて明るかった。

そのうちに、何が起こったのかよくわからず、いつのまに、端のほうへ私たちは移動していて、黒マントの誰か一人が叫んだか怒ったか何か?で、騒々しくなり、すると、ホールの壁側を見てみると、いろんな形のとてもリアルな妖怪のオブジェが置かれているのが目に飛び込み、「わぁ・・ すんごい、リアル・・」とびっくりしてRickに抱きついたまま見ていると、オブジェが息を吹き返し、動き始めて、ホールは大騒ぎになった・・・

そこで夢は覚めた・・・

目を覚ましたとき、んー、なんだったの、あれは?と驚くくらい、いままで見たことないタイプというか、リアルだったというか、ストーリーがつながっていたというか・・

Rickという名前もはっきり聞き取ったし・・

不思議な夢でした。

「○○を証明しろ」は、「『愛』を示してみろ」という内容だったと思う。 でも、どんな言葉を使っていたかわからないんだけど、テレパシーで、そんな内容のことを言っていたと思う。
(だから、Rickは私と踊る、という行動に出たわけだしね・・)

夢で印象的だったのは、その魔界みたいな世界の様子も印象的だったけど・・ Rickという青年とラブラブモードというか・・・Rickからの恋愛感情が夢の中でも強く感じられていたこと・・

不思議なのは、目が覚めてすぐに、(そう、本当に5分後くらい!) この間親友を通じて初めて知り合った方から、初めてメールが来たのですが、奇跡が起きた♪と素敵な恋愛に関する嬉しいご報告メールが来たのです。
「(Naomiさんにお会いした)あの後、すぐに、奇跡なのか、偶然なのか、必然なのか、わからないんですが、素敵なことが起きましたよ! 5~6年前に合コンで出会って素敵だなと思っていた人にまた再会しました!連絡も全くとってなかったし、連絡先も私は削除してたんですよ~。 彼は本当に素敵な人だから、きっと結婚しているだろうな~と思っていたのですが、違っていました♪ こんなことあるんだと1人ではしゃいでしまいましたよ。 きっとお月様にお祈りしたからかな~と思って、Naomiさんに報告したくて♪」

そうそう、先日の満月は6つの星が一列に並んだ奇跡的な満月で、アファメーションをすると、来年の二月にそれが花開くという話を彼女にもしていたんですよ♪

すごい、本当にミラクル起きてる!と私も朝から驚き、
フフフ、そうか、ということは、私の恋愛にもミラクル起きるぞ~♪とわくわく思っていたら、
今日、本当にとってもとっても嬉しいことが起きました~! ミラクル起きちゃった!
すごいタイミングで嬉しいことがおきました♪

何が起きたかって、匿名ブログだったら書けたかもしれないけど、ちょっとここでは書けないなぁ・・
だから、内緒♪笑 (書いても差し支えなさそうだけど、やっぱりまだ書けない。笑)

今朝見た夢はめちゃくちゃへんてこりんな夢だったけど・・・
まさか、そこでつながる??と思うようなびっくりするようなシンクロがひとつだけありました。

さて、これからどんなミラクルが起きるかな~?^^
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体


 ← “人気ブログランキング”のクリックお願いいたします♪
 あなたの毎日がキラキラ輝いていますように♪
 いつもありがとうございます♪


Dream | コメント:6 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。