Naomi Angel's Spiritual Diary

スピリチュアル・アーティスト Naomi Angel の裏ブログ・Spiritual Diary - 宇宙・天使・ドラゴン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ← “人気ブログランキング”のクリックお願いいたします♪
 あなたの毎日がキラキラ輝いていますように♪
 いつもありがとうございます♪


スポンサー広告 |

「ワンネス」の少年天使は誰か? その3

なんとこの話につづきができてしまいました。 笑。

その1その2に続きます。

実は、コメントで、営さんが、「プロジェクト・メタトロン」というサイトで、青い肌のことが書かれていたと教えてくださったのです!

このプロジェクト・メタトロンというサイト、すっごい情報量なんですね・・・
わたしもびっくりしてしまいました。

営さん、コメントで、「人類のDNAは進化すると最終的に青い肌のメタトロンになる、というのを読んだことがあります」と教えてくださって、それで、私がそれがどこに書いてあるのか、探し出せなかったので、どこにあるのか、伺ったのですね。
営さん、もちろん、どこにあったかなんて、覚えていらっしゃるわけでもなく、(ごめんなさい、私、それを知らなかった。笑) ゼロから探し出してくれて、図書館のような、この膨大な数の情報の中から、守護存在にもお願いして、ものの5分で見つけ出してしまったとのこと! すごい!

ありがとうございます!

メタトロン・・・ 私も、この言葉にびっくり。

「サミュエル」で検索していたときに、サミュエルと同時にメタトロンという名前も出てきたんですよね。

日本語のサイトではあまり見受けられないけれど、英語サイトだけど、この Metatron と Samuel はわりとセットで出てくる。

ちょっとあっちこっちでいろいろ書かれているので、どれが有力説なのかいまいち判断しかねたので、この関係性については触れませんが・・・

営さんから「メタトロン」と「青い肌」の話が出てくるとは・・本当にびっくりしました。

この「メタトロン・プロジェクト」の中の、zone-8のKIN214項目に、こんなことが書いてあるのです。

人類の染色体は、時代を重ねるごとに、その数が増えて行っているらしく・・・
進化し続けていて、最終的には、背の高い、青い肌のメタトロンになるという・・・。

以下抜粋
神聖幾何学フラワーオブライフのワークショップをしていたデュランバロウ・メルキーザディックは、地球の人間の意識進化には5つの段階があり、それに対応した5種類の存在レベルがあると語っている。

(中略)

我々の1つ前の存在態はその染色体の数が42+2であり、身長は135~165cmであった。 オーストラリアのアボリジニやアフリカの一部の部族がそれらの存在に相当しているという。 また44+2が現在の人間であり、身長は150~210cmである。

彼の言葉によると私たちは現在、染色体の数が46+2であり身長が3~4.8mのキリスト意識の人間存在への移行を目指しているということになる。もちろんこのキリスト意識という表現は西洋的表現であり、宗教としての現在のキリスト教とはさしたる関係はない。
(中略)
そしてその次が48+2であり、身長は9~10.5mの存在である。 そして最後が50+2の完璧な人間であり、青い肌を持つ身長16.5mの存在でメタトロンとも言われている。


※ 他に書かれていることも、かなり面白いので、リンクのページ全体読んでみてくださいね♪

さて、これをどこまで信ぴょう性があるかということは、言及できませんが・・・

面白いですよね。

実は・・ 「ワンネス」の絵は、生命の進化も意味しているんですよ・・・

「ワンネス」の絵は、人類も、精神が進化していくと、天使のような存在になりうる。
そのことを少年天使に秘めていて・・・
ライオンは、自然界のすべての動物(生命)の代表という、シンボルで・・
人類と生命が同じ方向へ向上していく・・(だから同じ方向を向いています)
人類の精神が進化していくと・・・ 地球の波動が上がっていく・・・
すべてはひとつ・・・
光と闇の融合をも意味している絵なんです・・

描いていた当時はそういうメッセージを込めて描いていたんですね。

だから、この青い肌のメタトロンの話ともリンクする。

人類の精神が進化すると、全生命の波動もあがるとは、尊敬するスピリチュアルな方から教わったのですが・・、

自然界の仕組みは、実は、人間が創っているのだそうです。 弱肉強食の自然界は、今の人間の魂のレベルを反映しているのだそうです。 

人間は万物の霊長であり、地球上のすべての生命の中で、唯一、人間だけが「イマジネーション」の力があり、夢を実現させる力があります。

人間の魂が進化すると(攻撃をやめて、愛の姿に帰る、ということ)、動物やその他の生命も一緒に進化を遂げ、すべての生命が慈しみ合う惑星(地球)に進化していきます。

つまり、人間が攻撃や奪い合いをやめ、愛の姿になれば、自然界の弱肉強食がなくなり、毒のある植物がなくなっていく、ということです。

それは、もっともっと先の次元上昇の話だけれど、今、私たちはそこへ向かっています。

そして、たったひとりの人間でも、他の生命への愛を注ぐと、その愛のエネルギーのしずくが、末端の生命まで波動が行きわたり、全生命の進化(波動上昇)につながるとのこと。

大きなことでなくてもいい、例えば、おなかをすかせている1匹の猫ちゃんにごはんをあげたり、ケガをした野鳥の介護をしたり、あるいは、あなたの家族(ペット)を大切にし、毎日愛を注いだりするだけでも、愛の波動が、すべての生命に響いていくそうです。


映画「アバター」のキャメロン監督も、青い肌を起用したのは、彼のお母様が夢で、身長3mくらいの青い肌の人間の夢を見たらしく、それをキャメロン監督がスケッチしたことがあったかららしく・・・ ここでも長身!と、上のメタトロンの話と一致する!!
映画のナヴィたちも、3mくらいありますものね。(通常の人間の1.5倍)

「青は好きな色だし美しいし、このキャラクターにあっていると思ったんだ。 それから、実はいまから20数年前に、母が3メートルくらいの大きな女性が出てくる夢を見たという話をしてくれたことがあって、僕がそれを絵に描いたことがあった。その時のことを覚えていて、今回のナヴィをデザインする時に使ったということもある。さらにもうひとつ、“アバター”はヒンズー語の“アバタール”という神の名前が語源で、その神様が時々人間のかたちをとる時、必ず青い色をしているんだ。それもあるね」 eiga.comより

「小さな宇宙人 アミ」もビンカという女の子が青い肌でしたね?

不思議ですね。

それから・・・高い声や音というのは、エネルギー界では、高次元の存在しか出せないというのを、ドリーン・バーチュなどの本で知っていたので・・・
私は、ボーイ・ソプラノや、ソプラニスタ、ソプラノなどの高い声や、高い音の音楽っていうのは、場の浄化作用があると思っています。
もしかしたら、意識変革や意識のアセンションにも作用するのかもしれないなぁとちらっと考えていました。
(※ 誤解のないように・・・あくまでも、低い声がダメと言っているわけではありません。 高いと、より浄化作用があるかもしれない・・という私の考えです。)

個人的には、Liberaは、私の波動を静かに落ち着かせて整える作用が働いて(冷静沈着)、VITASは、私の魂を揺さぶる作用が働く(情熱的に行動させる)ような気がしています。

昨日、ちょうど、「アバター」5回目を観てきたところです。 (3DIMAXで見納め。笑)
1か月ぶりでした。

すごいタイミング~。

※ そうそう、スケートフィギュア、結局中国の銀メダリストのペアは、VITASの曲使わなかったんですね~・・ 日本のオフィシャルサイトが情報間違ったか、それとも予定変更したか・・定かじゃないんですが・・
(でも、フィギュアの世界では、身体のコンディションを見て、選曲を変更することはあるらしいです。だから予定変更したのかもしれませんね。)
どちらにせよ、私に「VITAS」のインパクトを与えるため、そんな情報を目にさせたのかなぁ・・なんなんだろう・・

でも・・・VITASの歌に出会えたおかげで、ここ数カ月止まっていたアート活動、再開する決意ができたことは確かです。 ここ最近の私の落ち気味な精神を「べしっっ!!!」とひっぱたいて、奮い立させてくれました。 そういう意味ではVITASとの出会いはすごいです・・。

上や光の存在たちの、私への仕掛け方は、いつもと~ても優しいんだけど、かなり精神的には「べしっっっ!!」とひっぱたかれて、はっと目が覚めた感じ・・笑。

「本当に、『私』は、このままでいいのか??? もう、回り道せずに、いますぐその道を歩んだらどうなのだっ!」

(それについては、またいずれ・・・ 笑)

その4へつづく 
スポンサーサイト

 ← “人気ブログランキング”のクリックお願いいたします♪
 あなたの毎日がキラキラ輝いていますように♪
 いつもありがとうございます♪


Synchronicity | コメント:9 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。